ディジェスチフ(英語表記)〈フランス〉digestif

デジタル大辞泉「ディジェスチフ」の解説

ディジェスチフ(〈フランス〉digestif)

《「ディジェスティフ」とも》消化促進のため、食後に飲む酒。食後酒ブランデーなど。⇔アペリチフ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ディジェスチフ」の解説

ディジェスチフ

〘名〙 (digestif) 西洋料理などで、食後に消化促進のために飲む酒。食後酒。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のディジェスチフの言及

【アペリチフ】より

…後者には,スピリッツをベースにしてアニス,フェンネルその他の薬草,香草を用いたアニゼット,カンパリなどのリキュールがあり,炭酸水や水で割って飲用される。アペリチフに対して,食後に供される食後酒はディジェスチフdigestifと呼ぶ。消化促進剤の意で,ブランデー,カルバドス,ウィスキー,リキュールなどが用いられる。…

【フランス料理】より

…フランスの産物を利用し,フランス人の手によって作られ,フランス国内で発達してきた料理をいうが,広くは他の国々で作られているフランス風料理をも含む。長い歴史の間に磨き上げられた高度な調理法と洗練された味をもち,西洋料理の代表として世界中に広まっている。
[特徴]
 まず第1に材料が豊富なことがあげられる。フランスは気候が温暖で肥沃な土地に恵まれているため,穀物,野菜,果物などはその種類,産出量ともに多い。…

※「ディジェスチフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android