食後酒(読み)しょくごしゅ

日本大百科全書(ニッポニカ)「食後酒」の解説

食後酒
しょくごしゅ

西洋料理の正餐(せいさん)で食後に出される消化促進用の酒類。ディジェスチフといい、食前に出されるアペリチフ食前酒)に対応する。ワインでは甘味の強いものがあい、また甘口のリキュールなどが用いられる。ウイスキーブランデーもチーズとともに食後のだんらんに用いられる。

[秋山裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の食後酒の言及

【アペリチフ】より

…後者には,スピリッツをベースにしてアニス,フェンネルその他の薬草,香草を用いたアニゼット,カンパリなどのリキュールがあり,炭酸水や水で割って飲用される。アペリチフに対して,食後に供される食後酒はディジェスチフdigestifと呼ぶ。消化促進剤の意で,ブランデー,カルバドス,ウィスキー,リキュールなどが用いられる。…

※「食後酒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android