コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食後酒 ショクゴシュ

4件 の用語解説(食後酒の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょくご‐しゅ【食後酒】

ディジェスチフ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

飲み物がわかる辞典の解説

しょくごしゅ【食後酒】


食事の後に飲む酒。ウイスキーブランデージンなどのアルコール度数が高い蒸留酒や、甘めのカクテル貴腐ワインなどを用いる。胃酸の分泌を促進し、消化を助ける効果があるとされる。⇔食前酒◇「ディジェスティフ」ともいう。

出典|講談社
飲み物がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

食後酒
しょくごしゅ

西洋料理の正餐(せいさん)で食後に出される消化促進用の酒類。ディジェスチフといい、食前に出されるアペリチフ(食前酒)に対応する。ワインでは甘味の強いものがあい、また甘口のリキュールなどが用いられる。ウイスキーやブランデーもチーズとともに食後のだんらんに用いられる。[秋山裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の食後酒の言及

【アペリチフ】より

…後者には,スピリッツをベースにしてアニス,フェンネルその他の薬草,香草を用いたアニゼット,カンパリなどのリキュールがあり,炭酸水や水で割って飲用される。アペリチフに対して,食後に供される食後酒はディジェスチフdigestifと呼ぶ。消化促進剤の意で,ブランデー,カルバドス,ウィスキー,リキュールなどが用いられる。…

※「食後酒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

食後酒の関連情報