コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディピュロン出土のアンフォラ ディピュロンしゅつどのアンフォラ Dipylon Amphora

1件 の用語解説(ディピュロン出土のアンフォラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディピュロン出土のアンフォラ
ディピュロンしゅつどのアンフォラ
Dipylon Amphora

古代アテネの市門ディピュロンのそばの墓から発見された古代ギリシア盛期幾何学様式を代表する大きな墓甕。全面は水平の帯で何層にも分けられ,連続動物文,鋸歯文,メアンダーなどの整然たる連続文様で装飾され,器の主要部には,死者と哀哭の人々が表わされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディピュロン出土のアンフォラの関連キーワードアテネの学堂アマリアス大通りゼピュロスアテネの廃墟アディピュアトレーナーそば野そばの日ミルキィピュア バスケラメイコスアテナイのディピュロン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone