コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

哀哭 アイコク

デジタル大辞泉の解説

あい‐こく【哀×哭】

[名](スル)声をあげて泣き悲しむこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あいこく【哀哭】

( 名 ) スル
声をあげて悲しみ泣くこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の哀哭の言及

【葬制】より

…そして病人の口と鼻に綿をつけ,その動きにより死期を知る。死が決まれば哀哭し,〈復〉という招魂が行われる。これは,魂(こん)は天上に昇るという信仰から,正寝の屋根に上がり北に向かって大声で死者の名を呼ぶものである。…

※「哀哭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

哀哭の関連キーワードディピュロン出土のアンフォラ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android