ディピュロン出土の青年の首(読み)ディピュロンしゅつどのせいねんのくび(英語表記)Dipylon Head

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディピュロン出土の青年の首
ディピュロンしゅつどのせいねんのくび
Dipylon Head

1916年,古代アテネの市門ディピュロンのそばで発見されたアルカイック初期の彫刻。 29年にこの像の右手が発見され,青年墓像の断片であることが明らかになった。前 600年頃の作。大理石製。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android