コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディプロコックス ディプロコックスDiplococcus

翻訳|Diplococcus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディプロコックス
Diplococcus

双球菌。細胞が常に2個ずつつがいになっている球菌である。まれに同じものが鎖状になることもある。もとラクトバチルス科の1属とされたが,今日では分類群としての扱いははずされた。グラム陽性で,病原性がある。人工培養基上には培養困難,または不可能である。発酵性は概して強く,グルコースラクトーススクロースおよびイヌリンを分解して酸を生じる。また,この属の菌は 10%の胆汁液で溶ける。人体および獣類気道や痰の中から発見された種もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ディプロコックスの関連キーワード双球菌

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android