コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気道 キドウ

4件 の用語解説(気道の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

き‐どう〔‐ダウ〕【気道】

肺に通じる空気の通り道。鼻腔(びこう)・口腔・喉頭(こうとう)・気管・気管支などからなる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

気道【きどう】

呼気および吸気の通路。一般に鼻孔から鼻腔を経て咽頭および喉頭に至るまでを上気道,それ以下,肺に至る気管と気管支を下気道という。
→関連項目窒息

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きどう【気道 air way】

空気が鼻から入って肺に達するまでの道。気道を上下の2部にわける場合は,上気道は鼻腔と咽頭上部とであり,空気は口からも一部入るが,口腔は普通には気道に数えられない。咽頭において,空気の通る道と口から入った食物や液体の通る道とが交差する。そのとき交通の混乱が起きないように,延髄からの反射によって,口蓋帆,舌,咽頭壁や喉頭の諸筋肉が働いている。下気道は喉頭,気管,気管支である。その中で喉頭は同時に発声器を兼ねるので,複雑な形状を呈している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の気道の言及

【気管】より

…その〈肺〉に出入する空気は咽頭から分岐した管で導かれ,その分岐部には喉頭のような特殊な開閉装置がある。この呼吸道の構造は四足動物のそれによく似ているが,この系には軟骨性の要素がないため空気を導くその管は,うきぶくろの場合と同じく〈気道〉(またはうきぶくろ気管)と見なすのが普通である。喉頭はもともと食物や水が呼吸道に入りこむのを防ぐ装置として現れたもので,そこにある特殊な軟骨性骨格は内臓弓(えらの骨格)に由来する。…

【気管支】より

…肺と外界とを結ぶ空気の通り路を気道というが,その主要部分で,気管分岐部から終末細気管支までをいう。人間では,気管は第4胸椎の高さで左右に枝分れする(気管分岐部)。…

※「気道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

気道の関連情報