ディーンツェンホーファー家(読み)ディーンツェンホーファーけ(英語表記)Dientzenhofer

世界大百科事典 第2版の解説

ディーンツェンホーファーけ【ディーンツェンホーファー家 Dientzenhofer】

バイエルン,フランケン,ボヘミアなど南ドイツ周辺で活躍したバロック後期の建築家一家。ゲオルクGeorg Dientzenhofer(1643ころ‐89),クリストフChristoph D.(1655‐1722),レオンハルトLeonhard D.(1660ころ‐1707),ヨハンJohann D.(1663ころ‐1726)の兄弟とクリストフの息子キリアン・イグナツKilian Ignaz D.(1689‐1751)らが知られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のディーンツェンホーファー家の言及

【バンベルク】より

…バイエルン憲法は1919年ここで生まれた。バロック後期の建築家一族ディーンツェンホーファー家の手がけた建物が,いくつか残る。【諸田 実】。…

※「ディーンツェンホーファー家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android