コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディー・ウェルト ディーウェルト

百科事典マイペディアの解説

ディー・ウェルト

ドイツの日刊紙。1946年ハンブルクで創刊,現在はベルリンで発行。政治的には中立系。発行部数約30万部(1998年)。日曜版《ウェルト・アム・ゾンターク》もある。
→関連項目シュプリンガー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のディー・ウェルトの言及

【ウェルト】より

…ドイツの高級全国紙の一つ。題号は〈世界〉の意味。1946年4月,西ドイツを分割占領したイギリス軍により,週2回刊としてハンブルクで創刊。49年には発行部数100万を超え,日刊となったが,のち部数を失う。53年9月シュプリンガーに買いとられ,以後,西ドイツ最大のマスコミ・グループであるシュプリンガー・コンツェルンの中心メディアに位置した。反共,ドイツ再統一の立場をかかげ,W.ブラント首相時代(1969‐74)のソ連との融和政策を批判するなど,保守的な論調で知られた。…

※「ディー・ウェルト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ディー・ウェルトの関連キーワードツェーラム

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android