デジタイザ(英語表記)digitizer

翻訳|digitizer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デジタイザ
digitizer

コンピュータに画像を入力するための装置。座標入力装置ともいう。平面パネルに図面を固定し,ペン型状のポインタ (スタイラス) ,または十字線を刻印した透明板のポインタ (カーソル) で図形上の入力したい位置をなぞりながら指し示すことにより,その点の座標情報をコンピュータにデータとしてリアルタイムで転送する。 CAD (コンピュータ援用設計) ソフトのデータ入力などに利用される。 (→CAD/CAM )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android