コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタイザ デジタイザdigitizer

翻訳|digitizer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デジタイザ
digitizer

コンピュータに画像を入力するための装置。座標入力装置ともいう。平面パネルに図面を固定し,ペン型状のポインタ (スタイラス) ,または十字線を刻印した透明板のポインタ (カーソル) で図形上の入力したい位置をなぞりながら指し示すことにより,その点の座標情報をコンピュータにデータとしてリアルタイムで転送する。 CAD (コンピュータ援用設計) ソフトのデータ入力などに利用される。 (→CAD/CAM )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタイザの関連キーワードポインティングデバイス空間デジタイザー三次元スキャナーOrigamiスタイラスペンデジタイザー入出力装置タブレットサンプラー端末装置地図情報周辺装置

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デジタイザの関連情報