デジタルラジオ(英語表記)digital radio

デジタル大辞泉の解説

デジタル‐ラジオ(digital radio)

デジタル方式の伝送信号を用いるラジオ放送。また、その受信機従来のアナログ方式のAMFM放送に比べて格段音質が向上し、文字データや静止画、簡単な動画も配信できる。地上デジタル音声放送衛星デジタル音声放送があり、一般には前者を指す。デジタル音声放送

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

デジタルラジオ

デジタル化することで従来のラジオより多くの情報を伝えることができる。11年7月からは現行のアナログテレビが使う1~3チャンネル分が「地方ブロック向けデジタルラジオ放送」に割り当てられた。4~9チャンネルは防災などの自営通信に、10~12チャンネルは携帯電話会社などによる全国一律の「全国向けマルチメディア放送」に振り分ける。10年夏に事業者を決め、免許を交付して専用受信機を開発。テレビの移行後は速やかに放送を開始する。AM、FMなど現在放送中のアナログラジオも引き続き残る。

(2008-09-09 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デジタルラジオの関連情報