コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

格段 カクダン

デジタル大辞泉の解説

かく‐だん【格段】

[名・形動]
物事の程度の差がはなはだしいこと。また、そのさま。「一年前に比べて格段に上達した」「格段の相違」
物事の程度が普通をはなはだしく超えていること。また、そのさま。
「この―なる地位に於いても」〈漱石吾輩は猫である
格別(かくべつ)[用法]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かくだん【格段】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
程度や段階の差がはなはだしい・こと(さま)。かくべつ。とりわけ。 「 -の進歩をとげる」 「或-な相手が/三四郎 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

格段の関連キーワード窒化ガリウム系半導体レーザーグラスファイバ・ポール地上デジタル音声放送衛星デジタル音声放送足下へも寄りつけない電界効果(金属蒸着)クロマトグラフィーマイクログラフト法爪の垢を煎じて飲むリチャードソンの式AMX足下にも及ばないデジタルラジオ鈴鹿サーキット消費者自己責任スキャンライン日本歯科医師会先進安全自動車比ぶべくもないスーパースター

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

格段の関連情報