コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル・クロスプロセス てしたる・くろすふろせす,でじたる・くろすぷろせす

1件 の用語解説(デジタル・クロスプロセスの意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

デジタル・クロスプロセス

 撮影済みの リバーサルフィルム を、あえて ネガフィルム 用の現像液で現像することで (あるいはその逆で) 、結果として元の色とは異なる非現実的な写真が得られる クロスプロセス のデジタル判をこう呼ぶ人もいる。  画像編集ソフトで、たとえば トーンカーブ を RGB 毎に大胆に変化させて同じような効果を得ることができるし、たとえば Adobe Photoshop CS3 以降であれば、トーンカーブにプリセットでクロスプロセスが用意されている。  当然のように、次はデジタルカメラへの搭載が行われた。平成21年10月発売のデジタル一眼レフカメラペンタックス K-x」 がカメラ内に 「クロスプロセスモード」 を搭載。撮影パラメーターシャッターを押すごとにランダムに変更し、次々と非現実的な仕上がりが得られるようにした。「オリンパス・ペン E-P2」 の アートフィルター にも搭載された。  デジタル・クロスプロセスは、忠実再現とはまた異なるデジタルカメラ写真の楽しみ方のひとつに成長したと言ってもいいだろう。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル・クロスプロセスの関連キーワードリバーサルフィルムカラーフィルムポジフィルム反転フィルムリバーサルロールフィルムカラープリントカラーリバーサル135フィルムキャストフィルム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone