コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デット・コモディティ・スワップ debt for commodity swap; DCS

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デット・コモディティ・スワップ
debt for commodity swap; DCS

債務の現物返済。債権銀行が個別に債務国と協定を結び,当該国の輸出収入の一部を既存債務の元利払いに充てる。メニュー・アプローチの一つだが,個別契約のため債権銀行間に差異が生じ,その結果として実行額は限られた範囲にとどまる。実施例としてはペルーがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android