デッドコピー

精選版 日本国語大辞典「デッドコピー」の解説

デッド‐コピー

〘名〙 (dead copy)
製品開発、他企業の同種製品をそのまま模造し、生産上の問題点、改良点を探ること。
② そっくりの模造品。物まね商品。〔現代日本技術史概説(1956)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「デッドコピー」の解説

デッド‐コピー(dead copy)

そっくりそのまま模造すること。特に、製品開発の際、他企業の製品をそのまま模造し、生産上の問題点や改良点を探ること。また、その模造品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android