コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デバネズミ(出歯鼠) デバネズミAfrican mole‐rat

1件 の用語解説(デバネズミ(出歯鼠)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デバネズミ【デバネズミ(出歯鼠) African mole‐rat】

アフリカモグラネズミともいう。上下顎(じようかがく)の門歯が巨大で口外に突出した齧歯(げつし)目デバネズミ科Bathyergidaeの哺乳類の総称。かつてはヤマアラシ亜目に属すると考えられていたが,近年では疑われている。サハラ砂漠以南のアフリカに5属8~9種が知られる。体長8~33cm,尾長1~7cm。多くは厚く柔らかな毛でおおわれ,四肢が短く,目と耳介がきわめて小さく,長いつめをもち,鼻孔にふたができるなど穴掘りに適した体つきをしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のデバネズミ(出歯鼠)の言及

【モグラネズミ(土竜鼠)】より

…3~5月ころ1産2~6子を生むらしい。 なお,アフリカ産のアフリカモグラネズミTachyoryctes(ネズミ科)もモグラネズミに類似し,英名にはAfrican mole‐ratがつけられている。さらに,アフリカ産のデバネズミ科Bathyergidaeの齧歯類も同様な習性をもち,やはり英名でAfrican mole‐ratと呼ばれ,混同しやすい。…

【モグラネズミ(土竜鼠)】より

… なお,アフリカ産のアフリカモグラネズミTachyoryctes(ネズミ科)もモグラネズミに類似し,英名にはAfrican mole‐ratがつけられている。さらに,アフリカ産のデバネズミ科Bathyergidaeの齧歯類も同様な習性をもち,やはり英名でAfrican mole‐ratと呼ばれ,混同しやすい。デバネズミ科の1種ハダカデバネズミHeterocephalus glaber(英名naked mole‐rat)はほとんど体毛や汗腺がなく,哺乳類中もっとも体温調節能力が低いことで知られる。…

※「デバネズミ(出歯鼠)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone