コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デヒドロアラニン

栄養・生化学辞典の解説

デヒドロアラニン

 タンパク質をアルカリで処理すると生成し,リシノアラニンの生成の中間体となり,リシンヒスチジン,アルギニンなどと反応して,リシンの生物的有効性の減少などをもたらす.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報