デヒドロアラニン

栄養・生化学辞典 「デヒドロアラニン」の解説

デヒドロアラニン

 タンパク質アルカリで処理すると生成し,リシノアラニンの生成の中間体となり,リシン,ヒスチジン,アルギニンなどと反応して,リシンの生物的有効性減少などをもたらす.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android