デュエーン=ハントの法則(読み)デュエーン=ハントのほうそく(英語表記)Duane-Hunt's law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュエーン=ハントの法則
デュエーン=ハントのほうそく
Duane-Hunt's law

X 線管に加えた電圧 V と発生した連続X 線の短波長端の波長 λ との間には eVhc/λ の関係があるという法則e は電子の電荷,hプランク定数c は光速度である。 1915年に W.デュエーンと F.L.ハントが実験的に見出した。X 線管の対陰極に衝突する電子の運動エネルギー eV がすべてX 線光子のエネルギーに変るとき,この法則が成り立つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android