コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュランティ Louis Émile Edmond Duranty

1件 の用語解説(デュランティの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デュランティ【Louis Émile Edmond Duranty】

1833‐80
フランスの美術批評家,小説家。メリメ私生児としてパリに生まれる。シャンフルーリクールベと交わり,写実主義の批評家として出発し,雑誌《写実主義》の刊行に携わるが短期間(1856‐57)で廃刊になる。その後1861年ころからマネやドガと知りあい,彼らの近代生活の断面を描く新しい絵画にひかれ,印象派展を批評家として支持した。小説には《アンリエット・ジェラールの不幸》(1860),《フランソアーズ・ド・ケノアの闘い》(1872)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のデュランティの言及

【写実主義】より

…リアリズムrealism(英語),レアリスムréalisme(フランス語)などの訳語として成立し,おもに文学・美術などの分野で使われる用語。リアリズム,レアリスムなどの西欧語は,使用分野や意味に応じてそれぞれに訳し分けられて日本に導入された。原語はラテン語のレアリスrealis(実在の,現実の)から派生した言葉だが,哲学用語としてはふつう〈実在論〉と訳され,概念こそが実在であると主張する中世の哲学説はとくに〈実念論〉とも訳される。…

※「デュランティ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デュランティの関連キーワードグールモンチボーデドーデフロマンタンモーロアロランティボーデ批評家ボワロースタール

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デュランティの関連情報