批評家(読み)ひひょうか

精選版 日本国語大辞典「批評家」の解説

ひひょう‐か ヒヒャウ‥【批評家】

〘名〙 批評をする人。物事の価値、善悪などを論じることを業とする人。また、批評に巧みな人。評論家
当世書生気質の批評(1886)〈高田早苗〉「能く批評家の職分を尽したるものと謂つ可し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「批評家」の解説

ひひょうか【批評家】[戯曲]

《原題The Criticシェリダン戯曲。1779年の作。当時流行していた英雄悲劇を風刺した喜劇

ひひょう‐か〔ヒヒヤウ‐〕【批評家】

批評することを職業とする人。また、他人の言動を批評するばかりで自分では何もしない人をあざけっていう語。
[補説]作品名別項。→批評家

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の批評家の言及

【批評】より

…その理由の第1は,ジャーナリズムの発達であり,第2は,個人主義的な哲学の普及である。たとえば,文芸批評が文芸家の活動の重要な一部門となり,職業的批評家が発生したのは,フランス革命以後19世紀においてであった。しかし市民社会が世界大戦によって危機を自覚するまで,その根本的な原則に対する批評はなかった。…

※「批評家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android