コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デンビシャー Denbighshire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デンビシャー
Denbighshire

イギリスウェールズ北部の単一自治体(ユニタリー unitary authority)。行政府所在地ルーシン Ruthin。ウェールズ語では Sir Ddinbych。北はアイリッシュ海に面し,クルイド川河谷,および南のバーウィン山脈へと続く内陸地域が含まれる。中央部は旧デンビシャー県,クルイド川下流と沿岸地域は旧フリントシャー県,バーウィン山脈に接する南端部は旧メリオネス県に属する。1974年の自治体再編でクルイド県の一部となり,1996年に単一自治体となった。クルイド川河谷とディー川上流には,古代から人が集落をつくって居住。13世紀末にイングランド王エドワード1世がウェールズ北部を征服すると,デンビやリシンなどに城が築かれた。18世紀にはノンコンフォーミズムが広まり,19世紀に入ると海岸リゾートの開発が進んだ。旧デンビシャー県東部のレクサム周辺は産業革命の最前線となり,採炭,金属加工,機械製造などが盛んに行なわれた。観光が主産業。内陸の農村地域では,主として牧羊と酪農が行なわれる。面積 837km2。人口 9万6000(2005推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デンビシャーの関連キーワードグウィネズコンウィポーイス

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android