コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・エンテ・エト・エッセンチア De ente et essentia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デ・エンテ・エト・エッセンチア
De ente et essentia

『存在と本質について』の意で,トマス・アクィナスの著書の一つ。 1254~55年頃の作。小著ではあるがトマスの形而上学ないし存在論を知るうえで重要。アリストテレスの『形而上学』の主要概念を援用しつつ,essentia (本質) と ens (存在者) の異同,それらと genus (類) ,species (種) ,differentia (種差) との関係を考察している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android