コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・エンテ・エト・エッセンチア デ・エンテ・エト・エッセンチア De ente et essentia

1件 の用語解説(デ・エンテ・エト・エッセンチアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デ・エンテ・エト・エッセンチア
デ・エンテ・エト・エッセンチア
De ente et essentia

『存在と本質について』の意で,トマス・アクィナスの著書の一つ。 1254~55年頃の作。小著ではあるがトマス形而上学ないし存在論を知るうえで重要。アリストテレスの『形而上学』の主要概念を援用しつつ,essentia (本質) と ens (存在者) の異同,それらと genus (類) ,species (種) ,differentia (種差) との関係を考察している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デ・エンテ・エト・エッセンチアの関連キーワード懐疑価値論自意識存在と無プロトマー本質的男について食事推奨量アエギディウス・ロマヌス《物の本質について》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone