異同(読み)いどう

精選版 日本国語大辞典「異同」の解説

い‐どう【異同】

〘名〙 異なっていること。違っている点。相違
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)七「異(イ)同は易にも流が多いものぞ」 〔左思‐魏都賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「異同」の解説

い‐どう【異同】

異なっているところ。相異。違い。「両者に異同はない」「本文の異同を調べる」
[補説]「同」は語調をととのえる添え字で意味がない。
[類語]違い相違差異誤差小異大差同工異曲大同小異分かち格差落差開き隔たり懸隔僅差個人差不一致異質ギャップ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「異同」の解説

【異同】いどう

不一致。蜀・諸亮〔出師の表〕宮中府中は(とも)に一體爲(た)り。臧否(ざうひ)(善悪)を陟罰(ちょくばつ)するに、宜しく異同あるべからず。

字通「異」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android