コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種差 シュサ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐さ【種差】

論理学で、同一のに属する多くのにおいて、ある種に特有で、それを他のすべての種から区別する特性。例えば、「動物」という類において、「人間」を他のすべての動物から区別する場合、「人間」に特有の「理性」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅさ【種差】

〘論〙 同一類に属するある種を他のすべての種から区別する特定の徴表。例えば、「動物」という類において、「人間」を他のすべての動物から区別している「理性」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

種差
しゅさ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

種差の関連キーワードデ・エンテ・エト・エッセンチアサッカー界の反差別への取り組みジーナ プリンス・バイスウッドマーティン・ルーサー キング人種差別に反対する世界会議人種差別反対世界会議みちのく潮風トレイル人種差別撤廃国際条約全国有色人種向上協会ニューフロンティア陸中海岸国立公園人種差別撤廃条約青森県八戸市鮫町三陸復興国立公園ディアイレシス小井川 潤次郎許容一日摂取量国際人権条約青森県八戸市人種平等会議

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

種差の関連情報