コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デーバ デーバ deva

1件 の用語解説(デーバの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デーバ
デーバ
deva

インドにおける神を意味する言葉。インドの宗教はベーダ聖典によれば多神教であり,自然界の構成要素を神格化した天神ディアウス,太陽神スーリヤ,月神チャンドラ,暁紅神ウシャス,雷神インドラ,風神バーユ,水神アーバス,また祭祀的要素を神格化した火神アグニ,酒神ソーマなどがそれである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のデーバの言及

【阿修羅】より

…サンスクリットのアスラasuraの写音。アーリヤ人のインド・イラン共通の時代にはアスラとデーバdevaはともに神を意味したが,彼らが分かれて定住してからは,インドではアスラが悪神を,デーバが善神を意味するようになり,イランではアスラはゾロアスター教の主神アフラ・マズダとなった。インドではaを否定辞とみなし,〈非天〉〈非酒〉などの語源解釈をおこなった。…

【インド神話】より

…また,インドラの名は,前14世紀中葉のミタンニ・ヒッタイト条約文に挙げられていることから,小アジアにまで知られた神であることがわかる。インドラは代表的なデーバdevaである。デーバは神であり,それに対するものがアスラasura(阿修羅)である。…

【八部衆】より

…天竜八部衆ともいう。(1)天(デーバdeva) 神のことで(devaはラテン語deusと同系),帝釈天をはじめとする三十三天など。(2)竜(ナーガnāga) 水辺にいて降雨などをつかさどる。…

※「デーバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デーバの関連キーワード阿修羅インド綿ウインドミル貫道マチスモインドアーリア語ハンドインハンド東インドドントマインドAVE

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デーバの関連情報