コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デーバ deva

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デーバ
deva

インドにおける神を意味する言葉。インドの宗教はベーダ聖典によれば多神教であり,自然界の構成要素を神格化した神ディアウス,太陽神スーリヤ,月神チャンドラ,暁紅神ウシャス,雷神インドラ,風神バーユ,水神アーバス,また祭祀的要素を神格化した火神アグニ,酒神ソーマなどがそれである。普通は天,,地の3界に分れ,その数は 33神とされているが明確には限定しがたい。不死で永遠の若さを保ち,人間の運命を左右する超越的な存在と考えられているが,人間的な喜怒哀楽ももち,車駕に乗り,武器を手にした姿で表わされることが多い。デーバは本来はサンスクリット語で「輝きを発するもの」を意味し,漢訳では天と訳されている。なお女神は女性形をとってデービーと呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のデーバの言及

【阿修羅】より

…サンスクリットのアスラasuraの写音。アーリヤ人のインド・イラン共通の時代にはアスラとデーバdevaはともに神を意味したが,彼らが分かれて定住してからは,インドではアスラが悪神を,デーバが善神を意味するようになり,イランではアスラはゾロアスター教の主神アフラ・マズダとなった。インドではaを否定辞とみなし,〈非天〉〈非酒〉などの語源解釈をおこなった。…

【インド神話】より

…また,インドラの名は,前14世紀中葉のミタンニ・ヒッタイト条約文に挙げられていることから,小アジアにまで知られた神であることがわかる。インドラは代表的なデーバdevaである。デーバは神であり,それに対するものがアスラasura(阿修羅)である。…

【八部衆】より

…天竜八部衆ともいう。(1)天(デーバdeva) 神のことで(devaはラテン語deusと同系),帝釈天をはじめとする三十三天など。(2)竜(ナーガnāga) 水辺にいて降雨などをつかさどる。…

※「デーバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デーバの関連キーワードサンギータ・ラトナーカラバルナ(古代インドの神)カターサリットサーガラデーバナーガリー文字ムドラーラークシャサバーラタ・ナティヤムパールシュバナータバスデーバヒンディジニャーネーシバラビシャーカダッタブリハットカターブラーフミー文字モエナモティ遺跡マイソール王国アヌラーダプラマラーティー語ナーガリー文字カジュラーホマハーデーバグナーディヤ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android