喜怒哀楽(読み)きどあいらく

四字熟語を知る辞典「喜怒哀楽」の解説

喜怒哀楽

び、り、悲しみ、楽しみ。また、それらの感情。さまざまな人間の感情。

[使用例] 何年かの間にけみして来た、小さい喜怒哀楽に過ぎない[森鷗外*|1911~13]

[使用例] 譲二はその父母を田舎の家から札幌へ呼び寄せた。喜怒哀楽を表す習慣のない譲二が、このとき、その生活の中で表現したものが何であったか、一枝には想像も出来なかった[宇野千代*或る一人の女の話|1972]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「喜怒哀楽」の解説

きど‐あいらく【喜怒哀楽】

〘名〙 喜び、怒り、悲しみ、楽しみ。また、それらの感情。さまざまな人間の感情。
※本朝文粋(1060頃)三・弁散楽〈秦氏女〉「喜怒哀楽之相変。性之所適謂之情」 〔春秋左伝‐昭公二五年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「喜怒哀楽」の解説

きど‐あいらく【喜怒哀楽】

喜びと怒り、悲しみと楽しみ。人間のさまざまな感情。「喜怒哀楽が激しい」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android