コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デーラー・ドゥーン Dehrā Dūn

1件 の用語解説(デーラー・ドゥーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デーラー・ドゥーン【Dehrā Dūn】

インド北部,ウッタル・プラデーシュ州の北西端にある同名県の県都。人口27万(1991)。クマウン・ヒマラヤ山系がインド大平原に接する山麓にあり,山岳避暑地ムッソーリーMussorieへの出入口の町である。気候に恵まれた位置にあるため,1900年以降,北インドの研究・学園都市として成長した。今日,陸軍幹部候補生学校,国立森林研究所,国立石油研究所,国立空中写真判読研究所,陸軍陸地測量部など重要な機関が集中している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デーラー・ドゥーンの関連情報