トゥズラ(英語表記)Tuzla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥズラ
Tuzla

ボスニア・ヘルツェゴビナ北東部の都市。サラエボの北東約 90kmのトゥズラ盆地に位置する。 10世紀頃から岩塩の産地として知られ,地名もトルコ語のトゥズ (塩) に由来する。 16世紀からオスマン帝国軍の駐屯地,19世紀にはオーストリア=ハンガリー帝国領となり,1918年にセルビア人クロアチア人・スロベニア人王国 (1929年ユーゴスラビアと改称) に属した。褐炭の採掘が盛ん。人口 18万 3770 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android