トゥティコリン(英語表記)Tuticorin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥティコリン
Tuticorin

インド南部,タミルナードゥ州南部,マンナール湾にのぞむ港湾都市。 1540年代にポルトガル人が築港。以後オランダ領,イギリス領時代に港として栄えたが,チェンナイ (マドラス) の発展とともに重要性は減じた。現在は州第2の港で,倉庫,漁業施設がある。綿工業製塩が盛ん。人口 20万 5105 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android