トゥブアイ島(読み)トゥブアイトウ

デジタル大辞泉の解説

トゥブアイ‐とう〔‐タウ〕【トゥブアイ島】

Tubuai》南太平洋、フランス領ポリネシア、オーストラル諸島の主島。マラアムとよばれる南東から吹く冷たい季節風のため気温が低く、ジャガイモなどの野菜の生産が盛ん。1769年にJ=クックが訪れたほか、1789年に英国の軍艦バウンティ号の反乱者がたどり着いたことでも知られる。ツブアイ島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android