コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥルム遺跡 トゥルムいせき

1件 の用語解説(トゥルム遺跡の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

トゥルムいせき【トゥルム遺跡】

メキシコ南東部の観光都市カンクンにある遺跡。カリブ海沿岸の高さ12mの断崖に立つ、14世紀末に栄えたマヤ文明宗教都市遺跡である。断崖に建つカステージョや、保存状態のいいフレスコ画が描かれたフレスコ神殿などがある。太陽崇拝を示すように、主要な建物は西向きに建てられている。青く美しいカリブ海と白亜の遺跡のコントラストが美しい。◇「トゥルム」はマヤ語で「城壁」という意味で、遺跡が三方を石壁に囲まれていることに由来する。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トゥルム遺跡の関連キーワード観光都市メキシコ湾流カンクンメキシコ銀シェルハシカレシュプヒル遺跡トゥルムマヤパンメキシカン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トゥルム遺跡の関連情報