コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥルム遺跡 トゥルムいせき

世界の観光地名がわかる事典の解説

トゥルムいせき【トゥルム遺跡】

メキシコ南東部の観光都市カンクンにある遺跡。カリブ海沿岸の高さ12mの断崖に立つ、14世紀末に栄えたマヤ文明の宗教都市遺跡である。断崖に建つカステージョや、保存状態のいいフレスコ画が描かれたフレスコ神殿などがある。太陽崇拝を示すように、主要な建物は西向きに建てられている。青く美しいカリブ海と白亜の遺跡のコントラストが美しい。◇「トゥルム」はマヤ語で「城壁」という意味で、遺跡が三方石壁に囲まれていることに由来する。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

トゥルム遺跡の関連キーワードシアン・カアン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トゥルム遺跡の関連情報