太陽崇拝(読み)タイヨウスウハイ

  • たいようすうはい タイヤウ‥
  • たいようすうはい〔タイヤウ〕

百科事典マイペディアの解説

太陽を神格化し,天上界の支配者的存在として崇拝すること。神格は男性によって象徴される場合が多く,分布は古代エジプト,ヨーロッパ,アメリカ,アジアに散発的にみられる。古くは,英国のストーン・サークルが太陽崇拝に関係あると考えられ,古代エジプトの王ファラオは太陽神ラーの子とされ,インカの王も太陽の子と考えられた。ギリシアのヘリオス,ローマのソル,バビロニアのマルドゥクも太陽神の崇拝であり,日本の天照大神もその一つである。また太陽に関する神話・伝説・儀礼は広く世界各地に分布するが,太陽崇拝とともに農耕の発達と深い関係があるとされる。
→関連項目カルナック列石

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 自然崇拝の一つ。未開社会や古代社会の宗教において、太陽を全知全能の神としたり、太陽に子を授ける能力があると信じたりして、崇拝の対象とする信仰。世界各地の神話・習俗に見られる。
※ロシアに入る(1924)〈荒畑寒村〉チタの滞在「かうなると、是非とも太陽崇拝の土俗と、釈尊誕生の信仰と、ヤソ復活の伝説とを結びつけて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太陽崇拝の関連情報