コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥース トゥースTūs

デジタル大辞泉の解説

トゥース(Tūs)

イラン北東部、ラザビーホラーサーン州の古都。州都マシュハドの北約20キロメートルに位置する。中世ペルシアの詩人フィルドウスィーアサディーの生地。没後1000年を記念して建てられたフィルドウスィーの霊廟(れいびょう)がある。

トゥース(tooth)

人間や動物の歯。「トゥースケース」
[補説]複数形はティース(teeth)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のトゥースの言及

【マシュハド】より

…標高985mに位置し,年降水量230mm。かつては約20km北にあるトゥースṬūsに属し,セイナバードと称する小村にすぎなかった。シーア派第8代イマーム,イマーム・レザーが818年この地で毒殺され,その廟が造られてから聖地として発展し,〈殉教(シャハーダshahāda)の地〉を意味するマシュハドが地名となった。…

※「トゥース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トゥースの関連情報