コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トクマク トクマクTokmak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トクマク
Tokmak

キルギス北部の都市。首都ビシケクの東約 60kmにあり,チュー川に臨む。 19世紀初めに建設された要塞に始まる町で,同世紀後半この地域一帯がロシア領となるとともにその中心地となった。その後ピシペク (現ビシケク) に中心地が移ったため衰えたが,1938年市へ鉄道が通じて以降,工業が発展した。食品 (砂糖,野菜缶詰) ,羊毛加工などが主要工業。ビシケクと鉄道,ハイウェーで結ばれる。人口7万 1200 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トクマクの関連キーワードチュー川(中央アジア)トゥルギシュアク・ベシム統葉護可汗ベラサグンブラナの塔アクベシム砕葉・素葉スイアブ安西四鎮李白砕葉千泉

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トクマクの関連情報