トクマク(英語表記)Tokmak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トクマク
Tokmak

キルギス北部の都市。首都ビシケクの東約 60kmにあり,チュー川に臨む。 19世紀初めに建設された要塞に始まる町で,同世紀後半この地域一帯がロシア領となるとともにその中心地となった。その後ピシペク (現ビシケク) に中心地が移ったため衰えたが,1938年市へ鉄道が通じて以降,工業が発展した。食品 (砂糖,野菜缶詰) ,羊毛加工などが主要工業。ビシケクと鉄道,ハイウェーで結ばれる。人口7万 1200 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トクマクの関連情報