コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビシケク ビシケクBishkek

3件 の用語解説(ビシケクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビシケク
ビシケク
Bishkek

キルギスの首都。 1926年までピシペク Pishpek,1926~91年はフルンゼ Frunze。同国北部,キルギス山脈の北麓にあり,チュー川河谷の標高 750~900mに位置する。 19世紀初めコカンド・ハン (浩罕汗) 国の砦として建設され,1862年ロシア領となったこの地域一帯の行政中心地となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビシケク【Bishkek】

中央アジアのキルギスタン共和国の首都。人口59万7000(1994)。チューChū川左岸,キルギス山脈の北斜面の肥沃な盆地に位置する。古くからステップ路上の中継基地としての集落が営まれていた地域であるが,この都市の直接の前身は19世紀末にロシアが建設したピシュペクPishpek砦で,1897年の人口はわずか7000にすぎなかった。革命後の1926年,この地で生まれた赤衛軍のフルンゼM.Frunze将軍を記念してフルンゼと改称され,この地方の中心として政治的・経済的に発展し,機械・繊維・食品工業総合大学などを擁する近代都市となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ビシケクの関連キーワード大正天皇昭和イギリス映画小作争議文芸時代アパート猪熊弦一郎円本大河内伝次郎ピストン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビシケクの関連情報