コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュー川 チューがわreka Chu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チュー川
チューがわ
reka Chu

中央アジア,キルギスカザフスタン両国を流れる川。全長 1067km。流域面積6万 2500km2。テンシャン (天山) 山脈北西麓に源を発し,北,北西へ流れ,ムユンクム砂漠北縁の沼沢地で消滅する。 12月中旬~3月初旬は結氷。上流部で水力発電,中流部の河谷や低地で灌漑用水に利用される。この川の流域は,古くから農耕が行なわれ,都市が発達し,交通上の要地であった (→スーイ・アーブ ) 。中国の史料には素葉水,砕葉水と写されている。沿岸主要都市はキルギスのトクマク,カザフスタンのチュー

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チュー川の関連キーワードチュルギシュ(突騎施)ムユンクム砂漠キルギス(国)ベトパクダラキルギス山脈カラハン朝タインホアベラサグンプナカゾンビシュケクスイアブビシケク安西四鎮ナルイン灌漑用水プナカ西遼

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android