コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トコピヤ Tocopilla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トコピヤ
Tocopilla

チリ北部,太平洋にのぞむ港湾都市。アントファガスタの北約 180kmに位置する。 1850年頃建設され,内陸部に産する銅の積出港として発展。現在は近くのマリアエレナ,ペドロデバルビディアの硝石産地からの硝石とヨード,東約 130kmにあるチュキカマタ銅山からの銅鉱石を積出し,市内には銅精鉱工場がある。同銅山への電力は市で発電される。海浜保養地ともなっており,トローリング基地として知られる。パンアメリカン・ハイウェーおよびチリ縦貫鉄道から分岐する道路と鉄道が通じるほか,硝石産地と鉄道で,チュキカマタ銅山と道路で結ばれる。人口2万 956 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トコピヤの関連キーワードアタカマ砂漠ロア川

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android