コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トコピヤ Tocopilla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トコピヤ
Tocopilla

チリ北部,太平洋にのぞむ港湾都市。アントファガスタの北約 180kmに位置する。 1850年頃建設され,内陸部に産する銅の積出港として発展。現在は近くのマリアエレナ,ペドロデバルビディアの硝石産地からの硝石とヨード,東約 130kmにあるチュキカマタ銅山からの銅鉱石を積出し,市内には銅精鉱工場がある。同銅山への電力は市で発電される。海浜保養地ともなっており,トローリング基地として知られる。パンアメリカン・ハイウェーおよびチリ縦貫鉄道から分岐する道路と鉄道が通じるほか,硝石産地と鉄道で,チュキカマタ銅山と道路で結ばれる。人口2万 956 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android