コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硝石 しょうせきniter

翻訳|niter

8件 の用語解説(硝石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硝石
しょうせき
niter

硝酸カリウム KNO3 の鉱物名。無水和物,硬度2,比重 2.09~2.14。針状または絹糸状晶。ガラス光沢をもち,白色または半透明である。岩石や土壌の表面,石灰岩,溶岩の洞穴などにみられるが,グアノが起源といわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょう‐せき〔セウ‐〕【硝石】

硝酸カリウムの俗称。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

硝石【しょうせき】

天然産の硝酸カリウムKNO3。針状または絹糸状の結晶を示し,斜方晶系。無色〜白色でガラス光沢があり,へき開の発達はよく,もろい。やわらかく硬度2,比重2.1。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

岩石学辞典の解説

硝石

天然に産出する硝酸カリウムチリ硝石およびペルー硝石は硝酸ナトリウムであるが,硝石の壁は硝酸カルシウムで,いくつかの洞穴の壁で見つかっている[Balfour : 1900].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

硝石

 →硝酸カリウム

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうせき【硝石 nitre】

化学組成はKNO3。斜方晶系に属し,白色透明でガラス光沢を有する。もろく軟らかく,モース硬度2,比重2.1。白い昇華物として砂漠のような乾燥地帯に少量産出。水に溶ける。チリ硝石化学組成NaNO3の別の鉱物である。【嶋崎 吉彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうせき【硝石】

硝酸カリウムの通称。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硝石
しょうせき
nitre

もっとも普通の硝酸塩鉱物の一つ。乾燥気候地域の堆積(たいせき)岩あるいは土壌の表面に着生して皮膜状あるいは土状集合として産する。日本では産出は知られていない。水にきわめて溶けやすく、その際熱を吸収するので、なめると冷味を感ずる。肥料として用いられる。チリ硝石はそのナトリウム置換体にあたる。あられ石と同構造。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の硝石の言及

【チリ】より

…宗教はカトリックの信奉者が多いが,信教の自由は保障され,プロテスタント,ユダヤ教などの信者もいる。【細野 昭雄】
【政治】
 19世紀初頭の独立から1910年代ころまで,チリは銅,硝石,農産物などの輸出国で,大鉱山業主,地主,商人,軍人,カトリック教会などの少数の上層階級が政治を支配していた。他のラテン・アメリカ諸国とは異なって,1833年憲法以来,これらの支配階級の権益を保持しながら,ヨーロッパ型の立憲政治が確立された。…

※「硝石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

硝石の関連キーワード硝酸カリウム硝石中性塩硝酸塩硝酸カリウム硝石硝酸カリウム

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

硝石の関連情報