トマス‐エールマン偏倚(英語表記)Thomas-Ehrman shift

法則の辞典の解説

トマス‐エールマン偏倚【Thomas-Ehrman shift】

原子核のアイソスピンに関する一つの多重項に属する状態のエネルギーは互いにほぼ同一であるが,多重項内でも異なる陽子数をもつ核は,中性子と陽子との質量差や,核内のクーロンエネルギーの差などによってわずかながらエネルギーに差が現れる,これをいう.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android