コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トランザクティブ・メモリー トランザクティブ メモリー

1件 の用語解説(トランザクティブ・メモリーの意味・用語解説を検索)

人事労務用語辞典の解説

「トランザクティブ・メモリー」(Transactive memory)とは、1980年代半ばに米ハーバード大学社会心理学者、ダニエル・ウェグナ―が唱えた組織学習に関する概念で、日本語では「交換記憶」あるいは「対人交流的記憶」「越境する記憶」などと訳されます。組織学習の一つの側面である組織の記憶力(経験によって学習した情報の蓄積)において重要なのは、組織全体が「同じ知識を記憶すること」ではなく、「組織内で『誰が何を知っているか』を把握すること」である、という考え方です。英語でいえば、組織の各メンバーが「What」よりも「Who knows What」を重視し、共有している状態を指します。
(2013/11/11掲載)

出典|『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トランザクティブ・メモリーの関連キーワードトランザクションファイル不揮発性メモリーメモリースティックDuoメモリースティックProメモリーセルトランザクション処理アトラクティブメモリー空間メモリースティックMicroセレクティブメモリー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone