蓄積(読み)チクセキ

大辞林 第三版の解説

スル
たくわえること。たくわえ。 資本の- 知識を-する

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① たくさんたくわえること。また、だんだんにたまること。また、そのもの。
※続日本紀‐天平元年(729)四月癸亥「学習異端積幻術
※経済要録(1827)二「放蕩なる暴君出でて蓄積の財用を忽ち費し尽くして」 〔戦国策‐秦策・恵文君〕
② 経済学で、資本家が剰余価値の一部を資本に転化して資本の増大をはかること。集積と集中の二つの形態がある。
③ 森林の林木の材積。立方メートルや石(こく)の単位で表わす。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の蓄積の言及

【材積】より

…これによって求めた材積を表示した材積表もつくられている。なお,一定面積当りの森林の幹材積の合計は林分材積または蓄積とよばれている。 材積の単位は現在の日本ではm3が用いられているが,古くは石(こく)(10立方尺=0.278m3)が広く用いられ,ほかに1尺角,長さ12尺(2間)の角材を尺締(しやくじめ)(または尺〆(しやくじめ)),1寸角,長さ6尺の角材を才(さい)とよぶなどの単位があった。…

※「蓄積」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蓄積の関連情報