コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トランスフェクション

栄養・生化学辞典の解説

トランスフェクション

 移入ともいう.培養細胞にDNAを導入すること.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のトランスフェクションの言及

【形質転換】より

…レプリコンとは,その分子内に複製に必要な構造(DNA複製酵素が認識して複製を開始する部位)を持っているもので,例えば細菌の環状DNAはレプリコンである。ファージDNAやプラスミドDNAもレプリコンであり(ファージDNAによる形質転換を特にトランスフェクションtransfectionという),遺伝子工学において供与DNAを運ぶために使われるベクターvectorもほとんどの場合レプリコンである。もっとも,ある細胞でレプリコンであるものが別の細胞においてもレプリコンであるとは限らない。…

※「トランスフェクション」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

トランスフェクションの関連キーワードコトランスフォーメーションウイルス(医学)遺伝子導入

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android