移入(読み)いにゅう

精選版 日本国語大辞典の解説

い‐にゅう ‥ニフ【移入】

〘名〙
① 移し入れること。
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉一〇「随って資本の移入(イニフ)を妨げ」
② 貨物を一国内の他所から送り込むこと。外国との間の「輸入」と区別していう。⇔移出
※律令第十五号‐明治四一年(1908)一〇月二〇日「三円を超過する外国補助貨幣並粗銀の移入及輸入は之を禁止す」
③ 税法上、課税物件である酒、砂糖などを製造場所に搬入すること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

い‐にゅう〔‐ニフ〕【移入】

[名](スル)
移し入れること。「感情移入
一国内で、ある土地から他の土地へ物を移し入れること。「他県から米を移入する」「移入品」⇔移出
生物の個体群が外部から、ある生息場所あるいは個体群の中に入ってくること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android