コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

形質導入 けいしつどうにゅう transduction

7件 の用語解説(形質導入の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

形質導入
けいしつどうにゅう
transduction

遺伝情報がバクテリオファージを介して,もう一方の細胞に移ること。トランスダクションともいう。サルモネラなどの細菌で,細菌細胞内に存在するバクテリオファージが,細菌そのものの遺伝質(染色体)の断片を担ったまま他の細胞に入り込んでいくことにより,いろいろな生理的な遺伝的形質,たとえば栄養の要求性や薬物に対する抵抗性などが,一つの細胞から他の細胞に移行する現象をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けいしつ‐どうにゅう〔‐ダウニフ〕【形質導入】

ある系統の細菌の遺伝形質の一部がバクテリオファージによって他の系統の菌に運び込まれる現象。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

形質導入【けいしつどうにゅう】

バクテリオファージによって仲介される形質転換をいう。バクテリオファージが今までいた宿主の細菌をこわして出てくるときに細菌のDNAの一部を自分のDNAに取り込み,次に細菌に感染するとき,自分のDNAと一緒に先の細菌のDNAをも菌体内に送り込み,それが交叉によって新しい宿主細菌のDNAに組み込まれるために起こる。
→関連項目溶原菌レーダーバーグ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

形質導入

 バクテリオファージを使って,ある細菌の遺伝子を別の細菌に移入すること.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けいしつどうにゅう【形質導入 transduction】

遺伝情報は親から子に伝えられる。世代交代を行う生物では,単相(生殖)細胞の融合によって生じた複相細胞の中で遺伝物質の再編成が行われ,次代の生殖細胞遺伝情報の一部は一方の親,残りは他方の親に由来することになる。これによって集団内の遺伝的多様性を増すのであるが,単相世代だけしか持たない生物には遺伝的多様性を増すための別の方式がみられる。特に,細菌では接合形質転換形質導入という三つの方式が明らかになっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けいしつどうにゅう【形質導入】

ある系統の細菌の遺伝的形質の一部が、バクテリオファージを介して他の系統の細菌へ移行する現象。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

形質導入
けいしつどうにゅう

ウイルスによって、ある細胞の遺伝子がほかの細胞に運び込まれ、遺伝形質が変化する現象。たとえば、野生型大腸菌細胞にラムダというウイルスが感染し、増殖して細胞を溶かして出てくる場合、野生型菌の遺伝子を取り込んだラムダが少数できる。このような野生型遺伝子をもつラムダが別の突然変異型細胞に感染すると、野生型遺伝子と突然変異型染色体の間で組換えがおこり、突然変異型細胞が野生型に変化する。この現象は細菌類の遺伝解析に利用される。[石川辰夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

形質導入の関連キーワード遺伝情報世代交代無性世代有性世代世代交番セントラルドグマ遺伝性癌遺伝的素因オチョアの法則DNAとRNA

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

形質導入の関連情報