トリクロルエチレン中毒

内科学 第10版「トリクロルエチレン中毒」の解説

トリクロルエチレン中毒(有機物質中毒)

(4)トリクロルエチレン中毒(trichloroethylene poisoning)
定義・概念
 トリクロルエチレンは塗料溶剤,レンズ磨き,ドライクリーニングでよごれ落としとして使用され,これらの作業中に高濃度蒸気を吸入することにより発症する.
病理
 末梢神経脱髄,軸索変性をきたす.
臨床症状
 急性暴露では,多幸感,さらに高濃度では意識障害をきたす.慢性暴露では末梢優位の運動・感覚障害(ポリニューロパチー),振戦,小脳失調,視力障害などをきたす.
治療
 特殊な薬物療法はなく,対症療法主体になる.[内野 誠]

出典 内科学 第10版内科学 第10版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android