末梢神経(読み)まっしょうしんけい

百科事典マイペディア「末梢神経」の解説

末梢神経【まっしょうしんけい】

動物の神経系のうち,中枢神経末端の効果器ないし受容器とを結ぶ神経脳脊髄神経系と自律神経系からなり,前者はさらに脳神経脊髄神経に分けられる。ヒトでは12対の神経と31対の脊髄神経があり,その中の神経繊維は求心性・遠心性の両種に分化し,各種の反射,ひいては一般に身体内の神経性相関に末梢経路の役をつとめる。→中枢神経系
→関連項目交通枝座骨神経神経系神経痛知覚異常麻痺

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

家庭医学館「末梢神経」の解説

まっしょうしんけい【末梢神経】

 神経系を電気にたとえると、脳は発電所、脊髄(せきずい)は変電所、末梢神経は、変電所から各家庭に電気を届ける電線に相当します。
 脳からは12対の脳神経が、脊髄からは31対の脊髄神経が出ています。そして交通整理されながら、道路のようにからだのすみずみにまで走っています。この末梢神経には、運動神経感覚神経(かんかくしんけい)、自律神経(じりつしんけい)が含まれます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

精選版 日本国語大辞典「末梢神経」の解説

まっしょう‐しんけい マッセウ‥【末梢神経】

〘名〙 脳・脊髄から分かれて体表や体内の諸器官に達する神経線維。運動神経、知覚神経と自律神経に分かれる。〔現代語解説(1924‐25)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android