コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリスタンダクーニャ諸島 トリスタンダクーニャしょとうTristan da Cunha Group

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリスタンダクーニャ諸島
トリスタンダクーニャしょとう
Tristan da Cunha Group

南大西洋にあるイギリス領の小火山島群。南アフリカ共和国喜望峰の西約 2900kmに位置。トリスタン (面積 98km2,最高点 2060m) ,インアクセシブル,ナイチンゲール (面積 2.5km2) の3島から成り,主島トリスタン島のみに人が住む。 1506年にポルトガル人トリスタンダクーニャが発見したときには無人島であった。 1815年イギリス軍が,北北東のセントヘレナ島に流刑されたナポレオン1世を監視するために占領。第2次世界大戦中に気象観測所,無電基地がおかれた。 1961年にトリスタン島で大噴火があり,住民は一時退去したが 63年に 198人が帰島。ジャガイモ,果物を栽培。切手発行が重要な収入源。行政的には,イギリス植民地セントヘレナに含まれる。面積 104km2。人口 306 (1988) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トリスタンダクーニャ諸島の関連キーワード大西洋中央海嶺ナイチンゲールセントヘレナ島

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android