コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トレビゾ Treviso

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トレビゾ
Treviso

イタリア北東部,ベネト州トレビゾ県の県都ベネチアの北約 30kmに位置する。もとタルビジウムと呼ばれたケルト人の町であったが,ローマ領となり,カルル大帝の時代には重要な造幣所がおかれた。 1339年ベネチアに譲渡され,次いでフランス,オーストリア領を経て 1866年イタリア王国に合併。旧市街を囲む城壁は,16世紀初頭建設されたもの。現在食品,繊維,セメント,紙,化学肥料などの工業が盛ん。市内には,ティツィアーノの『受胎告知』を蔵する大聖堂 (1141) ,14世紀ゴシック様式の聖ニコロ聖堂,博物館などがある。修復されたものの,第1,2次世界大戦でこうむった芸術作品の被害は大きい。人口8万 3222 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トレビゾの関連キーワードマコーレー(Dame Rose Macaulay)エッツェリーノ・ダ・ロマーノジュリアーナ ベネトントティ ダル・モンテベネディクツス11世フォルトゥナトゥスメフメト(2世)トレビゾンド帝国ビザンティン美術トラペズス帝国ステファニーニセリム[1世]メフメット2世コネリアーノマリピエーロアレアンドロベッサリオントラブゾン加藤陽一ラムジオ

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android