コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

受胎告知 じゅたいこくちAnnunciation

翻訳|Annunciation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

受胎告知
じゅたいこくち
Annunciation

新約聖書に記されている処女マリアの懐胎(→処女生誕)とイエス・キリスト生誕に関する神の告知。聖告ともいう。神意の啓示者天使ガブリエルによってダビデ家のヨセフの許婚処女マリアに与えられ,マリアが神の恩恵によりやがて「大いなる者,いと高き者の子」と呼ばれるべき男の子を産むこと,それが聖霊の力,「いと高きものの力」によるものであり,それゆえ生まれ出る子は聖なる者,「神の子」と唱えられるべきことが教えられる。マリアは初めいぶかるが,すぐこの告知を受け入れ,「わたしは主のはしためです。おことばどおりこの身になりますように」と答える(ルカ福音書1・26~38)。新約聖書中最も重要な証言の一つである。
受胎告知の場面は,初期キリスト教美術の時代から数多くの作品に描かれてきた(→キリスト教美術)。マリアは室内で本を手にしているか,または祈祷台の前でひざまずいて祈っている。受胎を告知する大天使ガブリエルは,指揮杖あるいは王笏を持つ。神と聖霊の存在はハトによって,マリアの純潔は白ユリの花,オリーブの枝に象徴される。このような基本形に基づいて各時代の美術家はそれぞれ独特な表現をとった。外典『ヤコブ原福音書』に基づき,紡竿を持つマリア,泉のそばでの告知などの異型もある。フィレンツェにあるサン・マルコ美術館のフラ・アンジェリコ制作の壁画(1438~45頃)が有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

受胎告知【じゅたいこくち】

聖告

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

受胎告知

イタリア、フィレンツェ派の画家フラ・アンジェリコの絵画(1425-28)。英題《The Annunciation》。マドリード、プラド美術館所蔵。フィレンツェのサン・マルコ修道院の壁に描かれた同じ主題のフレスコ画(1450頃)も有名。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

じゅたいこくち【受胎告知】

大天使ガブリエルがヨセフのいいなずけマリアを訪れ聖霊によって神の子を受胎したことを告げたこと。古くからキリスト教美術の代表的テーマの一つ。聖告。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

受胎告知
じゅたいこくち
Annunciation

キリスト教美術の主題の一つで、「聖告」あるいは「お告げ」ともよばれる。この図像は、『ルカ福音書(ふくいんしょ)』(1章26~38節)に記されているように、神の使者たる大天使ガブリエルが処女マリアにキリストの懐妊を告げ知らせる物語を主題にした、キリストの幼児物語のなかで最初に位置し、キリスト教美術でももっともよく知られた場面になっている。
 外典聖書の『ヤコブの原福音書』によると、受胎告知は二度行われ、まず井戸のそばで天使が姿を見せずに声だけでマリアに告げ知らせ、さらに家に帰って紫色の糸を紡ぐマリアに、今度は人の姿をしたガブリエルが現れ、そのことばがマリアの胎内に入るというものである。初期キリスト教美術およびビザンティン美術では、井戸端のマリアへの受胎告知と、室内で糸紡ぎのマリアへの受胎告知との2形式が使い分けられている。西欧美術には第三の表現形式が生まれている。おそらく『偽ボナベントゥーラの瞑想(めいそう)』に出典をもつもので、読書という瞑想中のマリアに大天使ガブリエルが現れる形式である。ジョットやシモーネ・マルティーニをはじめとする14世紀イタリアの画家たちはこの形式の受胎告知をすでに描いている。
 この場合のマリアのポーズには、立像、座像、あるいはひざまずくというバリエーションがみられる。天使の数は普通ガブリエル1人であるが、2人ないしは3人の天使が登場することもある。神の使者として聖霊のハトが描かれることもある。天使はユリの花を持つことが多いが、この花は白く、しかも雌雄の区別がないためにマリアの処女性の象徴となっている。天使は神の使者にふさわしく、杖(つえ)を手にすることもある。北方ルネサンスの画家たちはユリの花を天使の手にではなく傍らの花瓶に描くが、ユリ以外にも、赤いバラ(慈愛の象徴)、青紫のオダマキの花(のちに磔刑(たっけい)に処せられるキリストを思う聖母の悲しみの象徴)、赤紫のスミレ(謙遜(けんそん)の象徴)などの花々が描かれることがある。[名取四郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の受胎告知の言及

【聖告】より

…大天使ガブリエルが神からつかわされて,ナザレの一処女マリアのもとに現れ,彼女が救世主(メシア)を産むこと(処女降誕)を告げる場面。〈受胎告知〉〈お告げ〉ともいう。《ルカによる福音書》1章26~38節に記される。…

※「受胎告知」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

受胎告知の関連キーワードトゥーラ(Cosme (Cosimo) Tura)マルティーニ(Simone Martini)サンタ・クローチェ聖堂[フィレンツェ]アンジュラン プレルジョカージュダ・ヴィンチの「受胎告知」初公開サンティジョバンニエパオロ教会ハインリヒ フォーゲラーコスタニエビツァ修道院ナザレ(ガリラヤ地方)サンフレディアーノ教会サンタクローチェ聖堂サン・ジャン大聖堂クローデル ポールスクロベーニ礼拝堂シリ ハストベットフラアンジェリコ聖ガブリエル教会ウフィツィ美術館バルドビネッティ聖ローレンツ教会

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

受胎告知の関連情報