トロコフォラ幼生(読み)とろこふぉらようせい(英語表記)trochophora larva

日本大百科全書(ニッポニカ)「トロコフォラ幼生」の解説

トロコフォラ幼生
とろこふぉらようせい
trochophora larva

軟体動物および環形動物の個体発生上、原腸期の次にくる最初の幼生期。トロコフォア幼生、担輪子幼生ともいう。全体はほぼ球形あるいは鈴形で、腹面中央に口があり、体の後端に肛門(こうもん)が開いている。体表全体に繊毛が生えているほか、口の前後および体の端に繊毛環があり、これらを活発に動かして遊泳運動をする。体の頂部に一束の頂毛があるが、これは感覚器および(かじ)取りの機能を果たす。軟体動物であれば、トロコフォラ幼生に続いてベリジャー幼生となり、面盤が生じ殻もできるが、環形動物の場合は体が長くなってロベーン幼生となる。トロコフォラ幼生期を共通にもっている点が、軟体動物が環節のある環形動物と共通の祖先から発したものと考えられる根拠となっている。

[奥谷喬司]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android